イギリス英語好きの勉強ブログ

日々の英語の勉強を記録しているブログ。勉強につかった面白かった動画や英文記事を紹介。洋楽も好き。

イギリスバージョンのTim Tamを食べてみる


Eamonn and Ruth Try British Tim Tams: This Morning

この動画の途中PMボリス・ジョンソンが言っているようにイギリスとオーストラリア間でFTA締結の暁にはTim Tamがもっと安くイギリスで購入できるようになるようだけど…(ボリスが述べてるマクビティのペンギンとの比較記事はこちら)。

Tim Tamはカロリーがすごそうだけど好き。海外旅行の土産でめぼしいものがなくて大勢に配りたいときにも重宝してる。新しいものを肯定できないようで申し訳ないけれど、イギリスバージョンのTim Tamはどうかなあ。ちょっとわたしはあんまり…。

ポテトチップスも日本版に慣れてるからか、イギリスのは一つ一つが小さい&脂っぽいと思ってしまう。頑張れカルビー&湖池屋!海外でもうけると思うなあ。

 

星付きレストランで自分の料理を出されたらわかるのか?


Michelin Mum Served Her Own Shepherd's Pie!: Michael McIntyre

またまた酷い企画笑(画面下のマークを押すと字幕が出ます)。ミシュランの星付きレストランで自分の料理を出されたらわかるのか?料理だけではなくて服や置物やら次から次へと繰り出される。私だったら放送できないようなことも言ってしまういそうだけど、いい人なんだなあ。素直なコメントが多い。

日本ではこの企画は成り立たないかも?例えば肉じゃがとか野菜炒めとか冷蔵庫の入れてあってもなかなかお高めのレストランで出すようにはアレンジしづらいと思う。Poshなお宅では可能かもしれないけれど、うちでは無理だな。

 

Ellie Gouldingのステイホーム中の一日


24 Hours With Ellie Goulding: Vogue

歌手のEllie Gouldingのステイホーム中の一日。話しているのを聞いたことがなかったけれどかなり好きな話し方。歌っているときよりも少し低い声のような?およそ10分のビデオ中ほとんど話していて言い回しとかリズムも勉強になる。こんな風に話したい!肌も美しい!

たまたま気づいたけど最後のクレジットにお二人ほど日本人のような名前が。Vogueでご活躍されているなんてすごい。

ちょっと懐かしいEllieの曲。今聞いてもメロディ好きだわ。


Burn by Ellie Goulding

 

2020年上半期+下半期と6月の水瓶座の運勢振り返り

あまりに生活パターンが変わったのと私物PC不調のダブルパンチで筆?が進まず…。でもしいたけさんの上半期占いを読み返して、私の場合本当に当たっている~!と思ったらやはり今月と2020年前半を振り返りたくなりました。まだ終わってないけど。

まずしいたけさんの2020年上半期の占い。月間占いも含まれています。

これがなんだかますます当たっている気がするんですよ。去年は全く想像していなかったものの、結構未知の世界に足を踏み出していて。本当に初心者に戻った感じで苦しみつつも楽しんでいます。その足を踏み出したのも生活パターンが変わって時間ができた(でもブログはおろそかになってしまった)おかげでもあったり。6月の占いにあるほどポジティブ感は漂ってないけれど結構当たってる感じ。

とここまで書いてしばらく下書きにしておいたら、しいたけさんの2020年下半期も公開されましたね!

早速読みましたが、上半期の占いと違って何だかしっくりきません。新しい世界というか環境に踏み出していくということなのかな。上半期の続きなんだろうけど、そんなにがらっと変わることが私にあるんだろうか。「恩返し活動」はまだ続くんですね。

英語じゃないだろう!と思いつつも続いて悪魔の占い。

「勉強・仕事」に書かれていることが、なんだかしいたけさんの下半期占いの「100%の時間がなくてもいいや」の感覚に似ている気がする…。

続いてSusan Miller氏の月間占いと日本語の要約版。

英語のオリジナルは今回はTwitterで書かれていたとおり長い。始めのほうを読むとしいたけさんの下半期占いとトーンが似ている気がする。 Major goalに向かって走り出すとき?

出費については思い当たることが多い。予想外のかなり高額な、でも必要な出費があってショックを受けていたのは事実だったので(忘れたいからさっさと振込したり払っちゃったけど)。書いてあるような助け舟が来てほしい。Retrogateってこの書き方からかなんだか嫌な響きに聞こえるけどまあ慎重に行動しよう。

Sayaさんの占い(また日本語オンリー)。内容は上のSusan Miller氏のと似てる気がするけど、後半はポジティブトーンなのが救われる!

そしてRussell Grant氏の占い。

形式のためか同じようにリンクできないけれど、Monthlyはこちら。相変わらず広告が多すぎて見づらいけれど、要約すれば「忙しい」ってことかな。

そしてShelly von Strunckel氏の占い。

こちらも引き続き、一つの決断を最終だと思わずexploreしろって。ずっとexploreしている迷い人水瓶座という感じがするわあ。

 

外国人から見たジブリ映画の魅力


Why Studio Ghibli films have that extra magic: Inside Cinema

BBCの番組でもスタジオジブリの映画が紹介されている!やっぱりアニメは日本を代表する(できる)すごいコンテンツだわ。この動画のYouTubeコメント欄にも好意的なものが多くて嬉しい。

子供が小さい頃、英語版のトトロを見せて英語を覚えさせようとしたけれど、日本語のほうがいいと聞かなくて挫折したなあ。ジブリのDVDには英語版と英語字幕もあるものが多くて格好の教材だと思ったけれど、英語を覚えたいなんていう動機がない子供には効かなかったし、一緒に見ていた私も日本語の台詞しか頭に残ってないし…。